梶坊の『毎度!NYからこんにち・は』

アクセスカウンタ

zoom RSS Yoko La Japonesa Salsera 大阪・名古屋公演

<<   作成日時 : 2014/11/27 00:48   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

今年はライブメインの帰国になった。
いつもならビザの更新ついでに日本へだったが今回は全く逆、ライブのための帰国となった。
頭から終わりまでかなりスケジュールを詰め込んでの旅になったが色んな意味で達成感があった。
そのライブの初っぱながこっちニューヨークでも一緒にさせてもらってるサルサシンガーYokoさんのライブ。8日の大阪VOXXと9日の名古屋ホテルガーデンパレス。

4日に帰国し、5日実家に帰って、6日リハのため大阪入り。
リハのスタジオは下がライブハウスで前から名前は聞いていたトロンボーンの大迫さんとやっとお会いする事が出来た。今回お世話になるミュージシャンと挨拶を交わしスタジオのある2階へ。ボチボチ用意を始めたのだがここで大問題が。周りを見ていると各自楽譜を用意して来ている。イヤな予感が、、、、、Yokoさんに

オレ『トロンボーンの楽譜あります?』

Yokoさん『あっ!!ないで』

オレはてっきり冗談かと思い

オレ『またまた、ホンマですか?」

Yokoさん『ホンマ、、、、』

さぁ、どうする。
楽譜なしでさすがにリハは出来ん。しかも今回Yokoさんからミュージカルダイレクターを頼まれていた。楽譜なしではまず無理(笑)自分のパートすら知らない。でも最近ではタブレットっていう気の利いたものが出回っててこれを持ってた少し前までニューヨークにいた未来に助けられた。何とかリハをこなし8日のライブになるわけだが、いや〜盛り上がった。バンドもやはり初日より2日目になるとグルーブし始めて俄然盛り上がった。今回オレがダイレクターをした事で日本のバンドにニューヨークサルサというものがどういうものかを肌で感じてもらえたんじゃないだろうか。それをしたいと言うのもあってYokoさんはオレにダイレクターを御願して来たのかな。何が普通のサルサとニューヨークと違うのか。一言で言えばニューヨークサルサでは楽譜に書いてない事をその場で作り出してすると言うこと。簡単に言えば楽譜にないセクションをその場で即興で作ってしまうのだ。そのセクションは大体モーニャと言って曲が一番盛り上がるセクションなんだがニューヨークでは楽譜に書いてあるモーニャとは別に全く新しいものをその場で作る事が大半。これはさすがに慣れてないと出来ない。オレがニューヨークでサルサを始めた頃は何の事か全く分からずあたふたしたものである。今回ライブではブラスにオレと未来とニューヨークでやって来たのが二人いたので勝手は分かってる。二人で段取りをしてモーニャはなかなか盛り上がったんじゃないかな。名古屋で坂田ブンテイさんが『いや〜ニューヨークのサルサを見せてもらった』とやや興奮気味に話してた。

大阪が終わって次の日は名古屋。5人程のミュージシャンでレンタカーをして行ったわけだけど名古屋ー大阪は結構近いんだなというのが印象的だった。昔はなかったらしいが最近では割と日本のどこでもミュージシャンが旅をする世の中になったらしい。一昔前までは地元は地元と基盤が決まっていたものなんだけど。

大阪の箱はライブハウスだったけど名古屋はホテルの『〜間』というようなイベントをする会場。と言ってもあまり広くはなかったけんだけどここは箱が真四角すぎてミュージシャン的にはキツい箱だった。普通ライブハウスやホールというのは音が直接跳ね返って来ないように色々と形を工夫してある。真四角というのはまずない。でもこの箱は音楽をするのを前提に作られてないので正直ライブ、しかもサルサのような爆音のライブには向いてない。音が全てしかも大音量で自分に跳ね返って来るのだ。サウンドシステムは素晴らしいものだったんだが正直その効果が全くでない程の音響だった。吹いても吹いても自分の音が聞こえない。聞こえないからオーバーブロウするという悪循環。ライブの2曲目で既に唇がバテていた(笑)バンド自体は2日目なのでメンバーの息も合い始め大阪よりもタイトになっていたと思う。終わった後にあと数回したかったなと皆口々に言っていた。今回の大阪メンバーはかなり若返りを試みたようでパーカッションのやつら二人は若手有望株。来年もまたお願されたので出来るだけ日程を調整したいと思うが同じメンバーならまた今年よりもより良いものになる事は間違いないだろう。来年が楽しみだ。

リハ
画像


大阪
画像


名古屋
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NYの仕事場では、「初見で楽譜は回収」が普通なんやろうから、楽譜持っていくっていう感覚が無かったんやろうね〜。でもさ、初日それやったんなら福岡では前もって言ってくれてたら良かったのに・・・(^^;
Coppi
2014/12/01 14:40
全くその通りやね。ニューヨークで楽譜持参で行く事ないから。前もって言うべきやったね。全然思いもよらんかった、、、、
梶坊
2014/12/01 15:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
Yoko La Japonesa Salsera 大阪・名古屋公演 梶坊の『毎度!NYからこんにち・は』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる